1. TOP
  2. 子供の「やる気UP自信UP」のために親が見習うべき3つの姿勢

子供の「やる気UP自信UP」のために親が見習うべき3つの姿勢

 2015/03/27 子育て・イクメン  
子供の「やる気UP自信UP」のために親が見習うべき3つの姿勢

我が家には今現在2歳児の娘がおりますが…、娘には自分に自信のある人間になって欲しいと思っています。

「自分に自信があり、強い心を持っていて、自分自身のことが好き…」

親であれば皆、子供にそんな風に育って欲しいなって思っているのではないでしょうか?

実は!そんな自信のある人間に成長させる為には、子供の言動に対する親の姿勢が大切だそうです。今回は、そのことについての解説や、子供の「やる気UP自信UP」のために親が見習うべき3つの姿勢をご紹介します。

Sponsored Links

子供のやる気UP自信UPのために、親が絶対してはいけない事とは!?

子供のやる気UP自信UPのために、親が絶対してはいけない事とは!?

まず最初に、「子供に自信のある人間になって欲しい!」と願うなら、絶対にしてはいけない事について説明します。それは大きく分けると次の2つです。

無理やり子供に我慢させる!

親の都合ばかりを優先し、頭ごなしに子供に我慢させてしまうパターンです。以前、【1,2歳児の子供に我慢は悪影響?専門家に聞いた5つの対策法】に書きましたが、子供が小さい頃は「何故ダメなのか?」が理解できないので、親に行動を否定されたと感じるようです。

そうすると親子の信頼関係が構築できず、子供の心に不安が多くなり、積極的な行動が苦手になってしまうというわけです。消極的って…、自信があるのとは方向性が逆ですよね。。

親のイライラを子供にぶつける!

育児をしていると、子供がわがままを言ったり泣き喚いたり、どうしてもイライラしてしまう事があると思います。そんな時に、「うるさい!」「静かにしなさい!」「ダメなものはダメ!」など、イライラの感情そのままに子供にぶつけてしまうと…

「怒られるのイヤだし、やりたくない…」というように、のちの自信につながる『やる気』を失ってしまう可能性があります。

2つの事をまとめると「消極的&やる気がなくなる」、つまり自信の芽をつんでしまうという事(涙)そんなことにならないように、以上の2つのポイントには注意したいですね。

どちらも親として結構やってしまいがちなパターンかと思います。特に子供とずっと一緒にいるママさんは、心当たりのある人が多いかもしれません。

育児は大変ですからね…(><)

 

子供の「やる気UP自信UP」のために親が見習うべき3つの姿勢

それでは次に、子供のやる気と自信UPのために、親が実践していきたい3つの姿勢をご紹介します。

【其の一】「今やりたい!」を十分やらせてあげる

【其の一】「今やりたい!」を十分やらせてあげる

子供ってやる気満々!怖いものなし!って感じで、いろんな事に挑戦しますよね?「出来るか出来ないか?ではなく…、やるかやらないか?(笑)」という感じでしょうか。

とにかく「今」やりたいんですよね。そのやる気が子供の自信の基礎となるので、出来る限り満足するまでやらせてあげる姿勢が大事です。ただ、危険が伴うような行動の場合は、強く止めさせた方が良いとのことです。

ただ、子供って遊び始めるとエンドレスですから、どのように切り上げたら良いかで悩むかと思います(汗)そんな時は、「次は○○して遊ぼうか!」と他の行動に注意を向け、『気持ちの切り替えを手伝ってあげること』が大切ですね。

【其の二】小さい「できた!」を喜んであげる

【其の二】小さい「できた!」を喜んであげる

日常生活をおくる中で、子供の「できた!」を一緒に喜んであげる姿勢も大切。「できた!」を積み重ねることで子供の自信が育まれ、次のステップアップのパワーにもなります。

どんな「できた!」に対して喜んだら良いか考えてしまうかもしれませんが…、例えばうちの娘だったら「靴下を脱ぐことができた!」「ティッシュをゴミ箱にポイできた!」「積み木をお片付けできた!」などなど、「できた!」を実感できるチャンスは日常茶飯事です(^^)

そして「できたね!」「偉い偉い!」「ありがと~!」など、言葉にして伝えてあげると子供の自信が育つそうですよ。これは同じ行動・同じできた!であっても、繰り返し褒めてあげると良いみたいです。

【其の三】想像世界を一緒に楽しんであげる

【其の三】想像世界を一緒に楽しんであげる

親の目線からすると単なる遊びに過ぎないかもしれませんが、子供の目線からすると「遊びは真剣」です。子供はよくおままごとなどの「ごっこ遊び」をするかと思いますが、子供にしてみれば真剣そのものなんですよね…。

それってつまり想像力を豊かに発動しているということ。そして、その想像の世界の中では子供は主体的に楽しみながら動いています。楽しいからこそ色々と工夫したり、新たなアイデアを考えたりして、しっかり達成できた時に自信がプラスされていくそうです。

親が子供の遊びを見ると「いやいやこっちの方がいいんじゃない?」「それはおかしいでしょ?」など、つい口出ししてしまいたくもなりますが…、子供の想像の世界観を一緒に楽しんであげる姿勢が大切ですね(^^)

以上、子供の「やる気UP自信UP」のために、親が見習うべき3つの姿勢を紹介しましたが…、いかがでしょうか???

個人的には正直なところ、

・さわって欲しくないものを無理やり取り上げたり
・レゴブロックなど自分が作りたいように作ったり(むしろ娘の邪魔したり…)

いろいろと反省する点がありました(><)

娘には自分に自信のある人間になって欲しいですから、3つの姿勢はしっかり見習っていきたいと思います!

ちなみに、こういった事は子供が2,3歳の頃から、コツコツ積み重ねていくことが大切だそうです。というのも、子供の自信は、子供の年齢とともに、次のように成長するのだそうです。

 

子供の自信はどのように成長していく??

子供の自信はどのように成長していく??


【2~3歳】
「恐れることは何もない!」「何でもできる!」とエネルギッシュに行動する。ただ、思うようにならずやる気が失われやすい時期。『親が見習うべき3つの姿勢』を大切に上手くサポートし、「できた!」を1つ1つ積み重ねていくことが自信になる。


【3~4歳】
だんだんと自分で出来ることが増えるが、出来ないことに対してはやる気がなくなってくる時期でもある。親が「もう少し!」「頑張れ!」「できる!」など、背中を押してあげることが大切。達成することで自信になる。


【4~5歳】
集中力が高まる年齢で、集中して達成することで自信が深まる。人の意見が聞けるようになるのもこの時期で、人と協力して1つのことを達成することも自信になっていく。


【5~6歳】
「苦手なことも挑戦しよう!」という強い心が育ち、親以外の人からの評価も気になってくる時期。苦手なことでも創意工夫して達成する事で、さらに自信になる。


というように、子供の自信を育むためには、どの成長過程もとても大切。我が家のように小さい子供のいるママさん・パパさんには、とても参考になる指標かと思います。

 

子供の「やる気UP自信UP」の話まとめ

子供の「やる気UP自信UP」の話まとめ

以上、子供の「やる気UP自信UP」のために、親が見習うべき姿勢のことなどお話しさせていただきました。

ざっとまとめると…

親は子供に対して、次のような姿勢でいることが大事。

【其の一】「今やりたい!」を十分やらせてあげる
【其の二】小さい「できた!」を喜んであげる
【其の三】想像世界を一緒に楽しんであげる

そして、「子供の自信はどのように成長していくのか?」、自分の子供の年齢に対応する部分をチェック!我が家であれば、2歳の娘ですので…

【2~3歳】「恐れることは何もない!」「何でもできる!」とエネルギッシュに行動する。ただ、思うようにならずやる気が失われやすい時期。『親が見習うべき3つの姿勢』を大切に上手くサポートし、「できた!」を1つ1つ積み重ねていくことが自信になる。

この部分をしっかり意識しつつ、【其の一】~【其の三】の姿勢で日常生活をおくることが大切ですね(^^)

以上、あなたの子育てライフのご参考になれば嬉しいです!

Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

はとらぼの注目記事を受け取ろう

子供の「やる気UP自信UP」のために親が見習うべき3つの姿勢

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

はとらぼの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

おすすめの関連記事はこちら

  • 保育園は何歳から預けるのが理想?三歳児神話より重要な事。

  • 子供の熱中症は恐い!予防法&対処法を知っておこう!

  • 保育園給食に学ぶ「まごわやさしい」簡単レシピ12選!

  • ミキハウス福袋2017のネタバレ!2万&3万円の中身にショック!?

  • まごわやさしい保育園食育に感動!どんな給食なのか解説!

  • あなたは大丈夫?【娘の婚期を遅らせる親のNG行動】に驚愕!