1. TOP
  2. 【赤ちゃんとおしゃぶりと歯並び】の驚愕の関係性とは?

【赤ちゃんとおしゃぶりと歯並び】の驚愕の関係性とは?

 2015/04/07 子育て・イクメン  
赤ちゃんとおしゃぶりと歯並び~ギョッとした驚愕の事実!

「おしゃぶり」は赤ちゃんママの負担を減らす、育児グッズとして知られています。

最近はお洒落なおしゃぶりも多く、ファッション感覚で使っている親もいるみたいですね…。

ただ、実は「赤ちゃんにおしゃぶり」は、歯並びに悪影響があるそうです。今回は、赤ちゃんとおしゃぶりと歯並びの関係で、思わずギョッとした驚愕の事実についてシェアしたいと思います!

この記事を読んだら、「もう絶対におしゃぶりはさせない!」と思ってもらえる事でしょう(^^)

Sponsored Links

赤ちゃんにおしゃぶりで、歯並びが悪くなる可能性が!

赤ちゃんにおしゃぶりで、歯並びが悪くなる可能性が!ある調査(おしゃぶりと歯並びの関係を調べるため、歯科健診に来た1,120名について調査)によると、2歳児のおしゃぶり群に「開咬」が高頻度にみられたそうです。5歳児ではこの傾向がさらに増大したとのこと。

「開咬」って言葉を今回初めて知りましたが、奥歯で咬んでいる時に、上下の前歯同士が当たらなくなるほど開いてしまっている状態のことのようです。

shinkaikou出典:www.creo-kyousei.com

おしゃぶりを使ったせいで、子供がこのような歯並びになってしまったら…。そう考えたら、正直親としては「おしゃぶりは使いたくない!」と思うのではないでしょうか?

我が家では娘が生後数か月の頃、一度だけおしゃぶりを試したことがあります。親戚からお下がりのおしゃぶりを沢山もらってたので、「せっかくだから使ってみよう!」ってことで口に入れてみました。

幸いなことに、娘はおしゃぶりが気に入らず出してしまい、それ以来一度も使っていません。よかったよかった(^^)

※ちなみに2歳くらいまでにおしゃぶりを止めれば、その後の成長とともに歯並びの異常は改善されるそうです。なので、もし使用するにしても、2歳までにはおしゃぶりを卒業させたいですね。

 

おしゃぶりよりも恐いのが「指しゃぶり」だ!

おしゃぶりよりも恐いのが「指しゃぶり」だ!そして、赤ちゃんにおしゃぶりよりも、指しゃぶりの方が歯並びにとって危険だそうです。

最初に紹介した調査によると、指しゃぶり群で上顎前突が高頻度にみられたとのこと。上顎前突というのは「出っ歯」のことです。

そう…、あの出っ歯です!

 

指しゃぶりで出っ歯になるとは…、これもビックリの事実でした。
(もしかしてみんな知ってる???)

なので、もし指しゃぶりをしていたら、これも2歳くらいになったら止めさせるようにしたいでしょう。

 

どうして指しゃぶりをするの?原因と対策を知ろう!

どうして指しゃぶりをするの?原因と対策を知ろう!そもそも「赤ちゃんや幼児期の子供が、何故指しゃぶりをするのか?」というと、1つは本能的なものだそうです。実は赤ちゃんはお腹にいる時から指しゃぶりをしているそうですよ。

また、1歳未満の指しゃぶりは『学習』だそうです。自分の指が分からないので、口でしゃぶって確かめてるんです。ゲンコツにしてしゃぶったり、足をしゃぶったり、この時期はいろんなものを口にしますよね(^^)

ですので、2歳未満くらいまでの指しゃぶりであれば、特に気にする必要はないようです。

ただ、2歳以降になっても指しゃぶりを続けていたとしたら…、それは親が原因である可能性が高いです。

指しゃぶりは「自己なだめ法」と言われ、不安・寂しいなど精神的に不安定な状態の時によくするそうです。ですので、指しゃぶりがずっと続くのであれば、子供との接し方を見直す必要があるかもしれません。

スキンシップ不足だったり、子供に怒ってばかりだったり、何か原因がある可能性ありです。

 

私の親戚に2人の子供(甥と姪)がいるのですが、今回のおしゃぶり話を聞いて、バリバリ思い当たる節がありました。

甥がお兄ちゃん、姪が2歳下の妹、という関係。

お兄ちゃんはとても可愛らしく、赤ちゃんの頃からみんなに可愛がられていたんです。でも、妹が生まれてからは、今度はみんな妹の方を可愛がるようになったんですよね。

まぁ女の子は可愛いですから、何かにつけて「お兄ちゃんでしょ!我慢しなさい。」など言われるのはよくあるパターンかと。。。

ただ、お兄ちゃんとしては、みんなが妹をチヤホヤするようになって嫉妬や不安の感情があるのでしょう。

妹が遊んでるおもちゃを取って泣かせたり、いたずらしたり、たぶん大人の注意を引こうとしてたんだと思います。

しかし、親からしてみれば「何でそんなことするの!?」という行動ばかりなようで、「こら!○○!」「やめなさい!」「ダメでしょ!」と怒られてばかりいました。

思えばそのお兄ちゃんは、よく指しゃぶりしていて、またそれに対して「何で指しゃぶってるの!?」「赤ちゃんじゃないんだから止めて!」と怒られていました…(><)

このように、大きくなっても指しゃぶりを止めないのは、何かしら親子関係に問題がある可能性が高そうです。

ですので、もし子供の指しゃぶりが続くのであれば、親子関係を見直すよいキッカケとして考えていただけたらと思います。子供が精神的に充実するように、スキンシップや言葉がけをしていきたいですね!

うちの娘は1歳の途中から指しゃぶりはしなくなりましたが…、2人目の子供が産まれたら要注意だなって思いました(^^)

 

赤ちゃんとおしゃぶりと歯並びの話まとめ

赤ちゃんとおしゃぶりと歯並びの話まとめ以上のことを簡単にまとめますと…

・おしゃぶりの長期使用で歯並びが悪くなる(開咬)
・おしゃぶりを使うなら2歳までには止めさせること
・おしゃぶりよりも、指しゃぶりの方が危険!
・指しゃぶりが長期間続くと出っ歯になる
・2歳くらいまでの指しゃぶりは「学習」なのでOK!
・2歳以降の指しゃぶりは子供の精神的不安が原因、親子関係を見直そう!

という感じです。

子供の歯並びが悪くなったら可哀想ですからね…(><)

おしゃぶりと指しゃぶりには要注意です!!

Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

はとらぼの注目記事を受け取ろう

赤ちゃんとおしゃぶりと歯並び~ギョッとした驚愕の事実!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

はとらぼの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

おすすめの関連記事はこちら

  • 保育園給食に学ぶ「まごわやさしい」簡単レシピ12選!

  • ウォーターサーバー活用!赤ちゃんミルクの正しい作り方

  • 男性育児休暇はデメリット多し…それでも取得する価値ある?

  • ベビーサークル比較【レンタルvs購入】どっちがお得?

  • 子供の「やる気UP自信UP」のために親が見習うべき3つの姿勢

  • 1,2歳児の子供に我慢は悪影響?専門家に聞いた5つの対策法