1. TOP
  2. 産婦人科医が教える「妊婦はカフェインNG!」の本当の理由

産婦人科医が教える「妊婦はカフェインNG!」の本当の理由

 2015/02/26 嫁・家庭の話  
産婦人科医が教える「妊婦はカフェインNG!」の本当の理由

一般的に「妊娠中はカフェインを控えましょう!」と言われています。

しかし、『なぜカフェインがダメなのか?』について、正確に知らないままカフェインを我慢している妊婦さんも多いようです。

そこで、産婦人科医に教わった「妊婦はカフェインNG!」の本当の理由を教えます。この事実を知ったら「カフェインは絶対我慢しよう」と思ってもらえることでしょう。

Sponsored Links

大好きなコーヒーを我慢する、妊娠中の嫁の話。

02今現在、私の嫁さんが妊娠中なのですが、妊娠中のつらいことの1つに『コーヒーが飲めない事』があるそうです。

「なんでコーヒーダメなの?」と質問すると、嫁「だってカフェイン入ってるし…」とのこと。

さらに、私「妊娠中カフェインはダメなの?」と質問すると、嫁「よく分からないけど、子供に良くないみたいよ」という答えが…

嫁さんは『何故カフェインんがダメなのか?』がよく分かっていないまま、大好きなコーヒーを我慢していました。

実は嫁さんは大のコーヒー好き。スタバでドリップコーヒーをグランデサイズ(470ml)で注文し、ブラックのままゴクゴク飲むほどのコーヒー大好き人間なのです。

なんだか可哀想だな~~と思って、『なぜ妊婦はカフェインNGなのか?』について産婦人科医に聞いてみました。

 

超危険!妊娠中のカフェインで流産確率が2倍に!

03産婦人科ではこんなことを教えていただきました。

アメリカのカイザー・パーマネンテという健康保険会社の研究チームが、1996年10月~1998年10月まで、妊娠前と同量のカフェイン入り飲料を妊娠後も飲み続けた1063人の女性を追跡調査したところ…

流産の危険性は毎日のカフェイン摂取量に比例することが明白に示されたとのこと。

1日に200ミリグラム(mg)以上のカフェインを摂取する女性は、全くカフェインを取らない女性に比べて、流産の確率が2倍になることが分かったそうです。

流産の確率が2倍にもなるなんて…、妊婦さんにとって、カフェインがNGな存在であることが分かっていただけると思います。

ちなみに、200mgのカフェインがどのくらいの量かと言うと…

・コーヒーなら220mlのカップで2杯分
・炭酸飲料なら350mlの缶で5本分

の量に相当します。

コーヒー好きであれば毎日カップ2杯分くらい飲んじゃいますよね。やっぱりコーヒーはカフェイン含有量が多いってことでしょう。

 

妊婦のカフェイン摂取…、胎児への3つの悪影響とは?

他にも妊娠中にカフェインNGな理由は3つあります。

【1】カルシウムや鉄分の吸収を阻害する!
カルシウムや鉄分は妊娠中に必要不可欠な栄養素です。しかしカフェインを摂取することで、尿としてカルシウムを排出してしまうなど、カルシウムや鉄分の吸収を妨げる働きをしてしまうのです。

【2】胎児の身体に負担をかけてしまう!
カフェインは胎盤を簡単に通過し、胎児へ送られてしまいます。胎児の身体はまだ未発達なので、胎児の代謝能力ではカフェインを代謝することができないことから、科学者らの間ではカフェインは胎児に有害だとされています。

【3】胎児に十分な栄養や酸素が送られなくなる!
カフェインは血管を収縮させる働きがあり、胎盤への血流を減少させてしまいます。その影響で胎児へ酸素・栄養が十分に送られなくなり、発育障害になったり、最悪胎児の死亡へ繋がると考えられています。

このように妊娠中にカフェインを摂取することで、胎児にいろんな悪影響が出てくるんですね。

 

嬉しい事実!妊娠中でもOKのカフェイン摂取量があった!

05ただ、これまでお話しした胎児への悪影響は、あくまでカフェインを多量摂取した場合であって、分量を守れば妊娠中であってもカフェインの摂取はOKだそうです(^^)

産婦人科医に教えてもらった情報としては、妊婦さんが摂取OKのカフェイン量は【1日200mgまで】とのことでした。

各飲料・食品のカフェイン含有量は次のようになってます。
(1杯は150mlを基準としています。)

・ドリップコーヒー1杯:100mg
・インスタントコーヒー1杯:65mg
・エスプレッソコーヒー1杯(40ml):77mg
・ノンカフェインコーヒー1杯:1mg
・紅茶1杯:30mg
・番茶1杯:15mg
・せん茶1杯:30mg
・玄米茶1杯:15mg
・ほうじ茶1杯:30mg
・ウーロン茶1杯:30mg
・抹茶1杯:48mg
・玉露1杯:180mg
・ホットココア1杯:50mg
・麦茶1杯:0mg
・コカ・コーラ1杯:34mg
・リプトンアイスティー330ml:9mg
・カフェイン入りドリンク280ml:35mg
・板チョコレート50g:20mg

これを見ると、カフェイン含有量の多いコーヒーでも、1日に2杯くらいは飲んでも問題ないことが分かりますね。これはコーヒー好きの嫁さんにとっては嬉しい事実です(笑)

 

妊婦さんに大人気!ノンカフェイン飲料なら安心♪

ただ、カフェインは分量を守れば大丈夫だと言っても、あくまで目安の1つにすぎません。カフェインを全くとらない妊婦さんに比べて、赤ちゃんへの危険度が高まることは事実です。

06

ですので、カフェイン入りのものに関しては、どうしても我慢できなくなった時だけにして、極力カフェイン摂取は控える事が望ましいでしょう。

そんな妊婦さん達に大人気なのが、ノンカフェイン飲料ですね(^^)

ノンカフェイン飲料の種類はコーヒーや紅茶、ココアやハーブティーなどたくさんあります。ノンカフェイン飲料なら安心して飲めますし、気分もリラックス出来る事でしょう。

うちの嫁さんは基本的にノンカフェインコーヒーやハーブティーを飲んでいて、たまーーーーに気分転換でカフェイン入りのコーヒーやココアを飲んでいるみたいです。

ノンカフェイン飲料は楽天でたくさん情報が載ってますから、良かったらチェックしてみて下さい↓

rakuten

 

妊婦さんとカフェインについてまとめ

以上、産婦人科医に教えてもらった「妊婦はカフェインNG!」の本当の理由についてお話しさせていただきました。

分量を守ればカフェインを摂取しても問題ないというのは、意外な答えだったのではないでしょうか?(私たち夫婦が無知なだけで、常識的なことだったりして…(^^; )

ただ、カフェインが赤ちゃんへ悪影響を及ぼすことは確実ですから、なるべくカフェイン摂取は控えるようにして、ノンカフェイン飲料などで代用することをオススメします。

この記事があなたの妊娠ライフのご参考になれば嬉しいです。

Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

はとらぼの注目記事を受け取ろう

産婦人科医が教える「妊婦はカフェインNG!」の本当の理由

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

はとらぼの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

おすすめの関連記事はこちら

  • 強力!激安!我が家のおすすめハンディクリーナーはコレ!

  • ダイキン加湿空気清浄機[ACK/TCK/MCK][M/N/P/R]の違いは?

  • 妊娠中の嫁はカレー好き。妊婦はカレーを食べてもOK?

  • 鍋のまま常温保存は危険だった!?カレーの正しい保存方法

  • 産婦人科で教わった魚と水銀の話。妊婦さんOKの魚25選まとめ

  • 【陽性画像】妊娠検査薬クリアブルーに濃い線が出た!